<< 失踪実習生 67%が最低賃金未満 野党7党派が法務省調査を分析 | main | 医師に勤務間インターバルを検討 厚労省 >>

更新情報

就活ルール「必要」6割

 経団連が就活ルールの廃止を決めたことに対し、有力大学トップの6割が企業側に「就活日程の順守」を求めていることがわかった。同ルールの変更・廃止を求める大学は3分の1にとどまった。就活の早期化を懸念する大学が依然多く、インターンシップでも学生を早い段階で囲い込む採用直結型への反発が根強い。経団連は企業説明会を大学3年生の3月に、面接を4年生の6月に解禁するルールを設けているが、20年卒の学生を最後に廃止となる。21年卒からは政府がルールを決め、現行を維持する意向を表明した。

 この日程について57%の大学トップが「妥当である」と回答。「ルールを廃止すべきだ」は6%に留まった。

一方、「変更が必要」も27.2%に上る。回答した大学トップの内、34,1%が「解禁を早めるべきだ」と」回答している。

 

 

 

 

 

| 5s-office | - | 09:48 | - | - | ↑TOP
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
PAGE TOP