<< 派遣稼働者 7〜9月2.7%増 販売など確保難しく | main | 大卒内定率77.0%、2年連続で最高更新 10月時点 >>

更新情報

インターンにも「ブラック企業」 無給で残業・雑務

  企業が、就業体験に来た大学生などに雑務や残業を強いる「ブラックインターンシップ」が問題になっている。人手不足が背景にあるとみられ、インターンの学生にアルバイトや従業員と同じ業務を無給でさせるケースも。「内定を目指す学生の弱みにつけ込んでいる」との指摘もあり、政府も監視を強めている。

 インターンシップは大学や高校が企業と連携して行う教育の一環とされるが、企業が独自に募集することも多い。内容は様々で、職場見学などをして1週間で終えるものもあれば、有休で1ヵ月以上の業務体験ができるものもある。

 厚生労働省によると、インターンであっても「会社の指示下で、賃金を得て働く従業員と同様の業務に携わった場合、労使関係が生じる」(労働関係法課)。同省は不正がないか監視している。

 2017年9月にはインターンの女子学生2人に不払い労働をさせたとして、宮城県内の農業生産法人が労働基準監督署から賃金を支払うよう是正勧告を受けた。

 

 

 

 

 

| 5s-office | - | 11:46 | - | - | ↑TOP
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
PAGE TOP